FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

司書の物語

こんにちわ もう4月終わりですね

何故こんなに時が流れるのが早い

故に何故こんなに遅いものか

この矛盾は何を意味するのか……

いや、それまたしてこの矛盾は別のk(強制終了



<<<<<<<<<<<<<メイポ>>>>>>>>>>>>>



   昔々あるところに



42.gif

バットを振るった若者がいました。


その若者は

お爺さん お婆さん のために鬼退治に出かけていたのでした。





若者は


43.gif

44.gif

しゃべる稲束を見つけましたがスルーしました。





   途中犬がコチラへ来て







「ご主人!私をお供させてください」
60.gif


若者「よし、いいだろう」
犬は喜んで餅菓子についていきました。






そして、猿も来て


「ご主人、俺もついていきたいっす!!」
61.gif


若者「いいだろう!頑張ろうな!」
猿は喜んで飛びついていきました。





そしてカモも来て


「ご主人、僕も連れて行ってください!!!」
62.gif


若者「却下!」
カモは泣いて帰りました。




   さて、本題の鬼退治です。




若者はお爺さんから聞いたおまじないを使い、鬼が現れるのを待ちました。
45.gif






46.gif


47.gif

ぎょええええぇええぇぇ(´゚д゚`)


48.gif


青鬼は自分を犠牲にして赤鬼君を助けたのに…何でこんなに手荒いんだ!
(しかも何か一発600とか 痛ぇよ!)


でも




50.gif

若造の敵ではなかったのでした。



次は黄鬼が現れました。
51.gif




52.gif

53.gif



若造はここまでアッサリ倒せるだなんて思っていませんでした
若造はスッカリ有頂天になってしまい、まさか次の敵が


最強だなんて思っていませんでした


54.gif







55.gif


最強 → 最凶


56.gif


何か倒した瞬間のSSは敵と被ってかっこよくなってました。



その後町へ戻ってお爺さんへ報告して来ました。
そしたら、お爺さんがご褒美をくれました。

58.gif

若者は狼牙棒を貰い、また旅へ出かけました。




お爺さんは思いました。

「あの若造、若いのに凄いな……。もしかしたら、この世界を救ってくれるのではないか」



しかし実はお爺さんは


57.gif

まさか毒ガスの中で遊んでいたら死んでしまっただなんて思っていませんでした。


-----------------------------コメント返信-----------------------------

>消滅さん
(゚д゚ゝ)-----(電話線)-----(V ̄▽ ̄)ガチャッ

…(゚д゚ゝ)-----(電話線)-----(V ̄▽ ̄)もしもし?

…(゚д゚ゝ)-----(電話線)-----(V; ̄▽ ̄)もしもし?

間違えました(゚д゚ゝ)-----(電話線)-----(V; ̄▽ ̄)…

ガチャッ(゚д゚ノ)-----(電話線)-----(V; ̄▽ ̄)……


>養命酒さん
(´_ゝ`)フーン
スポンサーサイト

| 餅菓子 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おいおい、
鬼退治は腹が減るだろ^^?

そこでカモ鍋の出番とかいう展開を想像したけど
なんで却下で出番終わりなんじゃ(#゚Д゚)ゴルァ

| 彗流星 | 2006/04/29 23:00 | URL | ≫ EDIT

畜生

旅のお供に滋養強壮にイイ養命酒はいかがですか?( ^∀^)

| ∀ | 2006/04/29 16:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://motigasi.blog48.fc2.com/tb.php/46-35aabefc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。